読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個別株・ETF・インデックスファンドのどれを選ぶのか

世の中には投資や節約、副業についてのブログはたくさんあって、

こういう小さな世界がたくさん作られていく様は、

日本特有の動きなのではないかなあとしばしば思います。

 

色々な方のブログを参考にさせていただいていますが、

みなさん投資方針について書くときには、

学びを少しずつためて整理して、

自分自身を納得させるように書かれているような気がします。

 

個別株のいいところは楽しいところで、

選べる余地があるところのように感じます。

値上がった場合のリターンも大きいですし、

何より自分のストーリーがはまったときの快感は、

きっと何にも変えられないものなのでしょうね。

連続増配株での配当金再投資もこの類いだと思います。

 

ETFには、私は好んで投資をしていますが、

個別株とインデックスファンドのちょうど中間という感じで、

銘柄さえ間違わなければリスクはあまり高くなく、

それなりのリターンで運用できるように感じます。

銘柄を選べる楽しみもあり、

信託報酬が少ない銘柄が多いのも魅力です。

 

インデックスファンドは、やはりほったらかしにできるところがいいところで、

世界全体の人口増加率に紐づく経済成長率の恩恵を受けることができます。

信託報酬はETFと比較するとやや劣りますが、

購入の際の手数料がかからないことや、

自動で再投資してもらえることを考慮すれば、

やはり効率的な運用ができるように感じます。

 

私は中途半端な人間なので、

それぞれを少しずつつまみ食いしようかと思います。

非効率だと言われても、人間は非効率・不合理・非線形な存在ですので、

まあ、それでもいいでしょう。

 

それぞれの投資対象に何割かずつ割り振ることで、

未来の不確定さに対応していくことにします。

 

でも、まあ、何を選んだらいいか、よくわからんなあ、というのが正直なところ。

 

たらこ